バナー
中山道六十九次
Vol.11
〜新町宿→倉賀野宿〜
5.9km

宿場 2010年 9月18日(土)
晴
 その名の通り、新しい宿場の新町宿。 新町宿の前身:落合村&笛木村に伝馬役が命じられたのが慶安4年(1651)。 享保年間(1716〜36)に「新町宿」と呼ばれるようになりました。 今まで中山道の浮世絵は英泉が続いていましたが、新町宿は広重の作です。
画像00
とらガイドn11 新町宿
とらガイド⇔reverse版

旧街道のためのマメ知識
旧街道のための人名辞典
旧街道のための歴史年表

サムネイルにカーソルを合わせると大きい画像が表示されます。

画像01
道路元標
 中山道歩きの7日目。 出発する前に、前回泪橋跡の石碑に刻まれていた石神村。 泪橋が石神村にあったそうだけど、石神村って何処だろう?と思ったら、前回の終点&今回の始点である、神保原駅入口の丁字路付近が村の中心部。 しかし、明治22年(1889)石村は村・八町河村と合併して神保原村が誕生。 神保原って合併した村の名前を1文字ずつ取って付けられた合成地名なのでビックリ!(◎o◎) 旧石神村の中心部=神保原村の中心部ということで、神保原村道路元標が建っているんだね。
 しかし、現在の地図を見ると、上里町には神保原町とは別に、忍保も八町河原も載っている。 何故か?合併したはずの忍保・八町河原という地名は復活しているのに、神保原村の中心部だった石神だけが地図上から消えている。 不憫で泪しちゃう。(T-T)
画像02
08:55 庚申塔
 8:55神保原駅入口の丁字路を出発。 歩き始めると、すぐに自然石の庚申塔がおっは〜。 「庚申塔」と刻まれている文字塔で、フツーはこの3文字だけのシンプルな庚申塔が多いけど、この庚申塔は上部にやはり文字で、「日光」「月光」と刻まれている。 珍しい。
 枡形の神保原1丁目交差点を右折。 往時は交差点の角のあたりに横町の立場があった。 今でもその代わりに?セブン茶屋があるので素晴らしい。
画像03
09:10 石仏群
 神保原北交差点でR17を横断。 歩道がないので、行き交う車に注意しながら歩く。 左手に石仏群。 近隣から寄せ集められたのだと思うけど、宝篋印塔まであって、ずいぶん豪華。 はす向かいにまた自然石の庚申塔。 道端にはコスモスが揺れていて、歩き日和だね〜。
 ところで、喜多さんは蝶の採集をしたいと言って、虫取り網を持ってきている。 いよいよ今日は上野国群馬県に突入するので、横浜にはいない蝶を捕まえたいんだって。 虫取り網を適当にブルンブルンと振り回しているように見えるけど、もう数匹捕まえている。 お目当ての蝶はまだ捕れていないようだけど、街道歩きでこんな楽しみがあるなんて、目から鱗粉。(◎o◎)
画像04
09:20 八幡?
 八幡神社を横目に進むと「史蹟 金窪館址入口」と刻まれた石標。 ありゃ、スルーした八幡神社って金窪神社だったのね。 立ち寄ろうと思っていたのに通り過ぎちゃった。(T-T) 金窪神社獅子舞が町指定無形文化財。 雨乞いの獅子舞だそうだけど、やはり雨乞いなら、ぜひ大山参りをしてほしいね〜。 「横目」といいながら、写真は1枚撮っているし、引き返すのも何なので、代わりに?金窪館址を見に行く。
画像05
09:30 この奥
画像06
デッカい石碑
 田んぼの中を進むと萠美保育園の角に「館址入口」の石標。 左折すると道がクランクになっている。 地元の方に呼び止められたので、金窪城跡に行く旨を話すと、行き過ぎたそうで、場所を教えてくれました。 ありがとうございます。 クランクの手前で庚申塔南雲稲荷大明神が並ぶ路地を進むと、県指定史跡の金窪館跡。 う〜む、教科書『『中山道を歩く』の地図が間違っていて、迷子になるところだった。
 金窪館=金窪城は、治承年間(1177〜81)武蔵七党の1つで、丹党の一族・加治家治が築城。 元弘年間(1331〜34)に新田義貞が修築して、家臣の畑時能に守らせた。 室町時代には斎藤氏の居城となり、神流川の戦いで焼失した。 案内板によると、まだ所々に堀や土塁が残っているみたい。
画像07
09:45 地蔵道標
画像08
畑時能供養祠
画像09
陽雲院の墓
 旧道に戻ると陽雲寺。 お宝がいっぱい。 まずは参道の地蔵道標。 元禄3年(1690)製のお地蔵さまに「これよりいかほかいとう」と刻まれている。 陽雲寺手前の右に延びる路地が三国街道なので、元はその追分に建っていたんだろうね。 この付近には傍示堂万年寺にも三国街道があるけど、道標が残っているのが素晴らしい!
 そして、石の祠が畑時能供養祠で県指定旧跡。 時能は新田義貞の死後も南朝方のため孤軍奮闘したが、越前国で足利方に討たれた。 従臣の児玉光信が時能の首級を持ち帰って供養したもの。 後に光信も時能の墓側に葬られ、両者の姓を1文字ずつ取って「畑児塚」と呼ばれている。 案内板には時能の没年が延元4年[暦応2年](1339)になっているけど、ホントは興国2年[暦応4年](1341)です。
 境内には元禄8年(1695)製の県指定文化財銅鐘。 さらに、墓地の奥に町指定史跡陽雲院の墓武田信玄夫人の墓)。 へぇ〜、武田家ゆかりの寺なんだ。 道理で猛々しい寺だと思った。 …。 案内板によると、当山は元久2年(1205)創建で、当初は満願寺と称した。 室町時代に金窪城主:斎藤氏が崇栄寺と改めたが、神流川の戦いで焼失。 その後、金窪領主となった武田信玄の甥:川窪信俊が養母である信玄夫人を伴って入封。 夫人は当山の境内に居住したが、元和4年(1618)に没した。 信俊は夫人の菩提を弔うために、法号である「陽雲院」をとって寺号を陽雲寺と改称した。
 石碑に「左大臣公頼」とあるので、案内板の信玄夫人というのは、正室の三条の方だ。 しかし、三条の方は元亀元年(1570)に没し、法号と同じ寺号の円光院@甲府市に葬られている…。 う〜む、陽雲院って誰? これ以上のことは地元の方にお任せします。(^-^; 疲れたので境内で10分休憩。(^-^;
 賀美公民館に中山道案内板。 新町宿への直路ができるまでは、陽雲寺の東で北に向きを変えて、角渕(現群馬県玉村町)を経て、倉賀野宿へ向かっていたとある。 そうそう、道標もあるしね〜。
画像10
10:15 庚申塔
画像11
一里塚跡
 賀美小学校の前にだけ歩道がある。 校庭では運動会が行われているのですこぶる賑やか。 小学校を過ぎるとデッカい庚申塔が建っている。 朝に出会った庚申塔は日月が文字だったけど、こちらはフツーに日月の絵が彫られている。
 高窓のある民家の前を進むと石碑が建っている。 ここが勝場一里塚跡だって。 一里塚の跡があるのはウレシいけど、↑の中山道案内板には、新町宿への直路ができるまでは、群馬県玉村町経由で倉賀野宿へ向かっていたと書いてあった。 新町宿が設置される前、新町宿の前身:落合村&笛木村に伝馬役が命じられたのは慶安4年(1651)。 中山道に伝馬制を定めた慶長7年(1602)から50年も経っているので、当初「古中山道」である玉村経由の三国街道(伊香保街道)の方に一里塚が築かれていたんじゃないの?と思いきや、勝場一里塚は『中山道分間延絵図』にも載っている。 「古中山道」の一里塚といえば原馬室一里塚@鴻巣宿が思い浮かぶけど、「新中山道」の浅間神社付近には一里塚はない。 しかしこちらの場合は、「古中山道」である三国街道が「新中山道」の新町宿への直路に付け替えられても、新道の方に勝場一里塚が築かれている。 この違いは何?
 勅使河原北交差点でR17に合流。 NHK「街道てくてく旅」で中山道を踏破したてっしー(勅使川原郁恵)が、一字違いだけど、名前が同じだと感激していた交差点だね。
画像12
10:25 見透燈籠
画像13
勅使門と地蔵堂
 すぐに丁字路交差点を左折して寄り道。 JR高崎線の勅使河原架道橋をくぐると大光寺。 建保3年(1215)に武蔵七党の1つで、丹党の一族・勅使河原有直が創建&勧請開山が栄西という古刹。 勅使河原氏館跡でもある。 境内に、英泉の『本庄宿 神流川渡場』に描かれている本庄側の常夜灯で、町指定文化財の見透燈籠がある。 文化12年(1815)に建てられ、文政5年(1822)の洪水で倒れ、安政4年(1857)に復元され、明治20年代(1887〜96)に当山の境内に移された。
 当山も金窪館陽雲寺と同じように神流川の戦いで焼失したけど、何と!本堂の裏に鎌倉時代の勅使門(総門)が残っている。 町指定文化財。 「勅使山」と書かれた扁額は栄西の直筆だって。 隣の地蔵堂には永正6年(1509)製の石幢(六面地蔵)&親子地蔵(板石塔婆)が並んでいる。 こちらも共に町指定文化財で、石幢は「藤原信雄の墓」、親子地蔵は「勅使河原直重親子の墓」と板書されている。
画像14
10:35 古戦場跡
 大光寺を出ると、いよいよ神流川。 埼玉県と群馬県の県境にして武蔵国と上野国との国境。 土手の上に案内板があるので見に行くと、天正10年(1582滝川一益北条氏邦氏直が戦った神流川古戦場。 町指定史跡。 川を渡った所が古戦場だと思っていたけど、上里側にもあるのね。 なるほど、両軍が川を挟んで対峙していたので、そりゃそうだ。 こちらは北条軍の陣地。
 親柱に建つ一回り小さいレプリカの見透燈籠(本庄宿TOPの画像)を横目に神流川橋を渡る。 歩道の幅が狭いのに自転車の通行が多い。 橋の車道は片側一車線でちゃんと車がすれ違えるのに、歩道の方は人がすれ違うのがやっとで、立ち止まって道を譲らないと自転車は通れない。 しかし、ホントは、神流川橋の歩道は自転車通行可にはなっていないので、「車両」である自転車は車道を走らないといけないんだけどね〜。
 神流川橋を渡り終えると群馬県高崎市。 東京から94km。 歩道が自転車通行可になった。 橋の歩道が自転車通行可でないなら車道に出なくちゃいけないけど、歩道と車道はガードレールに仕切られている。 自転車のためにガードレールを切って、スムーズに出入りできるように…ってゆーか、神流川橋の通行区分っておかしくね?
画像15
10:50 古戦場跡
 名前のない交差点で左手から合流してくる道が中山道。 土手がサイクリングロードになっているけど、狭いながらも自転車用と歩行者用とシェアしている。 右手に高崎市&滝川軍側の神流川古戦場跡。 こちらは指定文化財にはなっていない。 厩橋(前橋)城主だった滝川一益は、緒戦は優勢だったものの大敗を喫し、上野国を捨て本領の伊勢国に逃げ帰った。 伊勢国への道のりは、碓氷峠・小諸城を経由して、中山道の元となる東山道を利用した。
画像16
10:55 見通灯篭
 R17の歩道を進むと右に旧道。 R17に「旧中山道→」と標識があるので親切。 それにしても、陸上自衛隊新町駐屯地があるからなのか?新町検問所と書いてある塔が気になる。 R17と旧道の間に中山道新町宿碑&再建された見通灯篭が建っている。 再建されたというのは壊れたからではなく、明治期に売却されて、現在は高崎市の大八木諏訪神社に置かれている。 近年になって、新町側では元に戻してもらう交渉をしたもののうまくいかず、昭和53年(1978)に再建された。 しかし、本庄側が「見透燈籠」で、新町側が「見通灯篭」ってのは一体…。
画像17
11:00 神社と句碑
 名前のない交差点を渡ると八坂神社。 かたわらに柳茶屋の芭蕉句碑が建っている。 昔この辺りに大きな柳があり、そのそばにある茶屋を「柳茶屋」と呼んでいたそうで、久々の芭蕉句碑。 しかし気になるのは、後ろの滑り台をよじ登っているトカゲ!…のオブジェ。 何だこりゃ? 「滑り台おしわけ見たる蜥蜴かな」。
画像18
11:10 石鳥居
 宿内の旧道は真っ直ぐ。 雰囲気が蕨宿に似ている。 諏訪神社に寄ると、獅子舞石鳥居小林穣洲先生寿蔵之碑御輿など、市指定文化財がいっぱい。 石鳥居は元禄15年(1702)製で、老朽化のため境内の裏に埋めて保存されているのでビックリ!(◎o◎)
 続いてガトーフェスタ・ハラダ(新町2669)茶屋中山道店(旧本店)。 元は明治34年(1901)創業の和菓子屋で、当時の屋号は松雪堂。 戦後洋菓子屋に転向して、今やラスクの有名店。 せっかくなので、お八つ用にグーテ・デ・ロワをお買い物。
画像19
11:25 行在所
 十字路の角に行在所公園。 公園の奥に新町道路元標&市指定史跡明治天皇新町行在所がある。 明治天皇が明治11年(1878)北陸東海巡幸の際に宿泊した。 元宿場で旧本陣があるのに、旧本陣が宿駅の西寄りであること&警備上の問題があるとして、わざわざ新築した。 当時の建設費788円。 ビックリ!(◎o◎)
画像20
11:35 手水鉢
 さらに旧道から離れて於菊稲荷神社。 鳥居の写真を撮ろうとしたら、その先には簡易トイレ…。 トイレが本殿?と思ったら、参道がL字に折れている。 ビックリした〜。(^-^; 文政6年(1823)製の於菊稲荷神社水屋が市指定文化財。 彫刻が見事だけど写真を撮るのに金網がジャマ…。 拝殿でお参りすると、薄暗くてよく見えないけど、於菊稲荷神社絵馬「武者絵」「遊女参詣」も市指定文化財。 境内には幼児専用ベンチなんてのがある。
画像21
11:55 高瀬屋跡
画像22
12:00 本陣跡
 喜多さんが飲物を買いたいというので、新町駅に向かい、セブン茶屋でお買い物。 商店街のレトロな雰囲気がイイ感じ。
 旧道に戻ると旅籠高瀬屋跡。 文化7年(1810小林一茶が高瀬屋に泊まった際に、夜更けに起こされて見通灯篭の寄付を強要された。 懐が寒い一茶は断ったものの、しぶしぶ12文寄進した。 そんなドラマのある見通灯篭は、先に書いたけど、新町宿にはない。(>_<)
 そして、ブロック塀沿いにひっそりと小林本陣跡。 高瀬屋と小林本陣の間に久保本陣があるんだけど標柱も案内板もない。 しかし、本陣って宿場の中ほどにあるものだけど、新町宿はホントに宿場のはずれにある。
画像23
12:05 発祥の地
画像24
弁財天
 これで新町宿は終わり、温井川の手前に日本スリーデーマーチ発祥の地。 東松山市で開催される本大会は新聞でよく見かけるけど、第1回目の大会は昭和53年(1978)新町で開催された。 おらは街道歩きが趣味だけど、歩くのは苦手なので参加したことはないな〜。(^-^;
 向かいに弁財天。 往時は温井川にある中の島…ってゆーか、弁天島に鎮座していて、『中山道分間延絵図』にも描かれているけど、昭和48年(1973)治水の都合で現在の地に移された。 境内に安政2年(1855)に建立された芭蕉句碑がある。 木陰があるので10分休憩。
画像25
12:15 右に旧道
 浮世絵ポイント@新町宿(↑TOPの画像)である弁天橋を渡ると藤岡市となり、右に旧道。 新町宿のある旧多野郡新町は、平成18年(2006)に高崎市に編入され、飛び地になっている。 旧道の左側に「旧中山道」の標識があるけど、間違えてK178を進んでしまった旅人には見えないので、旧道の右側に設置した方がイイと思うんだけど…。
 伊勢島神社には狛犬の代わりに狛狐がいる。 それなら「伊勢島稲荷神社」と呼ぶんじゃないの? 境内に石仏群。 案内板がないのが残念。
画像26
12:30 川端家
画像27
12:35 廃屋
 広い敷地に白い塀や蔵が美しい川端家住宅。 かつては「一町屋敷」と呼ばれた豪農で、主屋をはじめ、塀・蔵・門など、19棟も国登録有形文化財となっている。
 石仏がいっぱいの信迎庵を横目に、今度は廃屋。 屋根に高窓が2つもある養蚕農家なのに残念。(T-T)
画像28
12:40 これで終点
画像29
お伊勢の森
 中山道の標柱を横目に関越自動車道をくぐると高崎伊勢崎自転車道。 そのまま自転車道を横断すると、12:40お伊勢の森(神明社)。 弁天橋で休憩した時に新町宿を終えればヨカッタのに、万歩計とGPSをリセットし忘れたので、ここが新町宿の終点。
 お伊勢の森の案内板によると、中山道はお伊勢の森の北側を通っていたけど、文化年中(1804〜18)に森の南側を通るようになったそうだ。 文化3年(1806)完成の『中山道分間延絵図』を見ると、おお!中山道は確かにお伊勢の森…ってゆーか、神明社の北側を通っている! この付近の中山道の道筋はよく分からないので、高崎伊勢崎自転車道でも歩こうと思っていたけど、お伊勢の森に寄ったおかげで道筋が分かってヨカッタよかった。
ΔTOP

おまけ
所要時間(休憩除いた正味時間) 3時間45分(3時間25分)
万歩計®の歩数 14,943歩
喜多さんの歩数 13,185歩
寄り道含めたGPSの距離 11.44km
<<前のページに戻るΔTOP

Vol.10 本庄宿 2010 1日中、山道。 MENU Vol.12 倉賀野宿

Copyright (C) 2010 TORAZOU, All Right Reserved.