大山道二十三通り
バナー
大山道二十三通り 歩行日 距離
Vol.01 柏尾通り大山道 その1 戸塚長後 2005年4月9日 9.3km
Vol.02 柏尾通り大山道 その2 長後伊勢原 2005年6月18日 km
Vol.03 田村通り大山道 その2 伊勢原本社 2005年11月19日 km
Vol.04 田村通り大山道 その1 辻堂伊勢原 2006年1月28日 km
Vol.05 羽根尾通り大山道 その1 国府津秦野 2006年11月4日 km
Vol.06 羽根尾通り大山道 その2 秦野下社 2006年12月2日 km
Vol.07 六本松通り大山道 井細田北田 2007年2月11日 km
Vol.08 柏尾通り大山道 その3 伊勢原本社 2007年5月4日 km
Vol.09 小田原通り大山道 五百羅漢秦野 2007年12月1日 km
Vol.10 富士道+蓑毛通り大山道 渋沢下社 2007年12月15日 km
Vol.11 八王子通り大山道 その5 八王子橋本 2008年5月18日 km
Vol.12 八王子通り大山道 その6 橋本下川入 2008年6月7日 km
Vol.13 八王子通り大山道 その7 橋本下川入 2008年6月28日 km
Vol.14 八王子通り大山道 その8 下川入〆引 2008年10月4日 km
Vol.15 矢崎通り大山道 平塚伊勢原 2013年1月12日 km
Vol.16 八王子通り大山道 その1 熊谷東松山 2017年1月21日 km
Vol.17 八王子通り大山道 その2 年月日 km
Vol.18 八王子通り大山道 その3 年月日 km
Vol.19 八王子通り大山道 その4 年月日 km
Vol.00 府中通り大山道 年月日 km
Vol.00 青山通り大山道 年月日 km
Vol.00 中原街道大山道 年月日 km
Vol.00 津久井大山道 年月日 km
Vol.00 浅川口大山道 年月日 km
Vol.00 富士大山道 年月日 km
Vol.00 粕屋通り大山道 年月日 km
Vol.00 中原豊田通り大山道 年月日 km
Vol.00 伊勢原通り大山道 年月日 km
Vol.00 二宮通り大山道 年月日 km
Vol.00 戸塚道大山道 年月日 km

はじめに
 子供の頃、近所のバス通りにまとわりついている細い道を見て、「何で道の隣にまた道があるんだろ?ムダじゃん」と思っていました。その“ムダ”な細い道には「大山道(柏尾通り)」という名前があり、江戸時代から明治初期にかけて、丹沢山系の大山に向かう旅人で賑わっていた、ということを知ったのは大人になってから。今はひっそりとした生活道路で、往時の面影はありません。

 「1歩2歩散歩」の扉でも触れましたが、1996年の秋、横浜市泉区役所の新庁舎ができた時に、蛇行していた大山道が一部消滅しました。道筋が分かったら歩こうと思っていたけど、自分で調べてでも歩かないとマイナーな旧道は消滅してしまう(焦)。
 歩き始めたら、出てくる出てくる新しい道路の計画…。県道22号横浜伊勢原線の長後街道拡幅・用田バイパス@柏尾通り大山道をはじめ、さがみ縦貫道路、第二東名高速道路・国道246号バイパスと、それぞれを結ぶICなどなど。
 子供の頃は自宅から大山が見えました(その左に富士山も見えました)。おらにとっての原風景です。おそらく県内の大半から見えるので、大山の見える風景というのは神奈川県民の“心の故郷”と思っていますが、時代と共に景観は変わってしまいます。

 旧道が失くなっちゃう前に、さあ、みんなで歩こう!大山道。

※タイトルの副題「大山道二十三通り」というのは、おらが歩いた&歩きたいと思っている大山道のルート(通り)の数です。実際のルート(通り)はもっと数があると思います。

とらぞう


参考図書
教科書
『相模大山街道』
大山阿夫利神社/8,000円
教科書
『大山道を歩く』
朝野六郎/(@藤沢市立図書館)
副読本
『いずみ いまむかし−泉区小史−』
泉区小史編集委員会/泉区小史発行委員会/1,456円
副読本
『厚木の街道』
鈴村茂/県央史談会厚木支部/(@厚木市立図書館)
資料
『かながわの古道』
安部正道/かもめ文庫/630円
資料
『横浜の古道』
横浜市教育委員会/頒布図書
資料
『戸塚区史 区制五十周年記念』
戸塚区史刊行委員会/2,913円
資料
『相模大山』
原田哲夫/近代文芸社/(@横浜市立図書館)
資料
『さがみはらの地名 −村をつないだ道・坂・川−』
相模原市教育委員会/(@横浜市立図書館)
資料
『道標で知る厚木のむかし』
厚木市ふるさとづくり推進協議会(@厚木市立図書館)
道標資料
『道標とともに −金石誌−』
藤橋幹之助/横浜歴史研究普及会/(@横浜市立図書館)
道標資料
『伊勢原市内の大山道と道標』
再発見大山道調査団/伊勢原市教育委員会/230円
ガイド・マップ(柏尾通り)
『泉区古道散策マップ「柏尾通り大山道に沿って」』
泉区生涯学級古道調査研究会/頒布図書
地図
『2万5千分1 旧版地図【横浜西部】【戸塚】【藤沢】【伊勢原】』
価格は本体価格で購入時のものです。

LINK
街道てくてくMANIAX(http://kaidomania.blog.fc2.com/)
大山道専用ではありませんが、街道歩きのブログを作ってみました。(^-^;
阿夫利神社(http://www.afuri.or.jp/)
大山の中腹に下社、山頂に本社が鎮座する相模国の式内社。大山道は当社を目指します。
大山寺(http://www.oyamadera.jp/)
雨降山大山寺。往時は阿夫利神社下社の場所にありました。本尊のお不動さまは国指定重要文化財。
めざせ!厚木博士【地域版】(http://swa.edu.city.atsugi.kanagawa.jp/901/tikuban/)
厚木市教育研究所の地域学習教材で、く…詳しすぎる。これでみんなも厚木博士。総合版もあります。
国土交通省川崎国道事務所(http://www.ktr.mlit.go.jp/kawakoku/)
大山街道(青山通り大山道)の見どころマップを掲載しています。紙のガイド・マップもいただきました。
歴史的農業環境閲覧システム(http://habs.dc.affrc.go.jp/)
明治時代初期に参謀本部陸軍部測量局によって作成された迅速測図(フランス式彩色地図)が見られます。

略称説明
相鉄=相模鉄道 小田急=小田急電鉄 大山ケーブル=大山観光電鉄大山鋼索線 神奈中=神奈川中央交通 大雄山線=伊豆箱根鉄道大雄山線
本文中は基本的に敬称略とさせていただきます。
また、本文中の金額は断りがなければ支払額(税込)です。
アンダーラインにマウスカーソルを合わせると読みがなが表示されます。

TOP
Copyright (C) 2005-2016 TORAZOU, All Rights Reserved.